ロレックス・ROLEX派の人たちは、ロレックス・ROLEX以外の時計は許されないと考えているでしょう。しかし一方ではオメガ・OMEGAをこよなく愛している人たちもいます。 「ロレックス・ROLEX」、「オメガ・OMEGA」といえば、ひけをとらない二大ブランドです。 ロレックス・ROLEXか果たしてオメガか。ロレックス・ROLEXとオメガ・OMEGAは実際のところ何が違うのでしょうか。

ロレックス・ROLEXとは

ロレックス・ROLEXは、1905年にハンス・ウイルスドルフが時計輸入商社「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立しスタートします。1908年にROLEXが商標登録されることになります。 ロレックス・ROLEXは、金属の塊をくり抜き高い耐水性を実現し特許を取得した「オイスターケース」が成功の礎を築いたとも言われています。 「パーペチュアル」や、「デイトジャスト」を合わせて3大機構と言われて、実用時計というの不動の地位を築くことになります。

オメガ・OMEGA

一方オメガ・OMEGAは、1848年に設立されました。高精度な懐中時計用ムーブメント「オメガ」が話題となります。 オリンピックの公式時計を担当したり、スピードマスターがNASAの公式時計として月面着陸をサポートするなどの華やかな経歴がいくつもあります。

比較

比較というものの、それぞれに華々しい経歴と実績があるので、その人それぞれの好みで、それぞれの高級ウオッチに向きあえばいいのではないでしょうか。それぞれの高級ウオッチの魅力を更に深く追求してみましょう。 ただし実用する時計として価格を意識するのならオメガでしょう。 どちらの高級ウオッチであることは変わりがありませんが、ロレックス・ROLEXは、「サブマリーナ デイト」の並行輸入の商品が95万円あたりするのに対して、オメガの「シーマスター プロダイバーズ」なら、25万円前後程度で購入することができます。 オメガの高級ウオッチはなかなか手に入らないと思うものの、ローンなど利用すれば、別に普通のサラリーマンが手に入らないほどではありません。 逆にロレックス・ROLEXは、購入する時に相当高い支払いの覚悟が必要ですが、その分、他のブランドと比較をしても買取してもらう時でもなかなか値崩れを起こしにくいメリットがあります。 買取してもらうことまで長い目で考えるとちょっと頑張ってロレックス・ROLEXを購入しようというのも正しい選択肢です。