ロレックスの腕時計と聞くと、どうしても自分には一生縁の無いセレブの為の高級品、
又は、成金趣味といったイメージが先行してしまいがちです。
勿論、中には200万円か400万円相当の高級モデルも存在し、
ダイヤなど宝石をあしらった特注品などを含めればきりがありませんが、
元来ロレックスの人気の理由は、そこではなくあくまで性能と信頼性の高さから来るものです。
NASAのアポロ計画の候補に選定されたり、登山家やパイロットにも多くの愛用者がいるのも頷けます。
日本では特に、映画007シリーズで有名になりましたが、原作の小説でも拳に巻いて敵を倒す、
といった描写で、堅牢な実用品である事を示しています。
例えば4万円前後の電波ソーラー腕時計やデジタル腕時計、ファッションウォッチを季節ごと、
TPOに合わせて一々買い替えていたら寿命が来るまでには軽く数百万円は超える計算になります。
ロレックスは一生もの、と言われます。勿論、年一回のメンテナンスをしっかり行う必要はありますが、
それだけの価値は十分あると言えるでしょう。
又、ロレックスはほぼ全てのパーツを自社で製造しているので、将来修理に出しても直して貰える、
という安心感も所有する価値に含まれるのかもしれません。